楽屋のれんはやっぱり良いもの

暖簾って風流ではないですか?。

 一言のれんといっても

■楽屋のれん店

■花嫁暖簾

店舗のれん

■ご自宅暖簾

と様々


入口に風になびきながら佇むのれんは風流です。
何だか上質な爽やかさを感じます。
また今は暖簾と言っても本当に様々。
左右長さが違ったり、技法もインクジェットプリントでつくったり。
伝統と現代の手法が重なってとても自由に想いのものが作れます。

昔ながらのもの。現代のもの。
どちらも素敵に共存出来ればもっといいものができる。
そんあ考えがもっと普及したらいいですね。

のれんは、ディズニィーランドのような違う世界への入口という考え方

私の中でののれんは、違う世界への入り口である。

店舗のれん
京都ではよく見受けられるが、一元さんお断りのお店。
これこそまさに常連様だけの別世界への入口
楽屋暖簾
役者様が舞台へ上がるときとあがる前
花嫁のれん
育て貰った家とこれから嫁ぐ家への入口
オススメサイト jewishbookfinders.com kca-tcis.org