クレジットカード現金化の年利を計算すると意外に割高!「利用は1度だけ」が良いわけ
※本ページはプロモーションが含まれています。

クレジットカードは、キャッシュレス化が進む現金の使用頻度が減少するトレンドの現在ではとても重要性がアップしている支払い方法です。

 

そうは言っても、何をおいても重要なのは現金だということは今も昔も同じことです。 急な出費が必要になった時、現金の重要性は特にアップするのです。

そんな現金もクレジットカード現金化を行うことによって手軽に手にすることができます。

しかし、この現金化は消費者金融のような借金とは違い買い取りというシステムをとっているものの、ぶっちゃけ借金とそれほど変わりはありません。

そこで今回、このクレジットカードの現金化を行った場合どれくらいの年利になるのかを調べてみました。

【PR】即日現金化できるおすすめ現金化業者3選

どんなときも。クレジット
和光クレジット
スピードペイ
スピードペイ

 

クレジットカード現金化の年利を計算すると意外に高い!

結論から言えば、クレジットカードの現金化の年利を計算すると、サラ金を上まわるという結果になるのです。

ここではその程度高いのか、最初に数値を提示し、その年利の高さを意味するものとはどんなものなのか、また数値の計算はどのようにしたのか、そして最後に実際の換金率を考慮するとその数値はどのようになるのかと言ったことを解説していきます。

サイトの換金率だとクレジットカード現金化の年利は6割強

クレジットカード現金化業者はここ数年はインターネットを経由して行うのがメジャーとなっています。

しかし、旧来から行なわれている金券などを使った現金化も今もなお行われているのが実情です。

これらの年利についてお話ししていきます。 結果を言うとこれらの方法の表面的にはの換金率は90%でそれを計算するとどちらとも年利は66%になります。

どういうやり方で換金率が90%に至るのかを解説していきます。

一番初めインターネットで行うクレジットカードの現金化ですが、現金化サイトにアクセスを行い、ネット上でショッピングをしてそのキャッシュバックという形で現金の振込を受けるというシステムになっています。

それに加えて、ネット通販などのギフト券を購入し、それを買い取って貰うことで現金を手にします。

これらのサービスの換金率は公式サイトで90%~92%ということがほどんどです。

それに対しオーソドックスな金券などを購入して現金化するアプローチですが、代表となるものは新幹線の回数券です。

こちらは駅などで新幹線の回数券を購入し、買取対応している金券ショップで買い取りしてもらい現金を獲得するという方法になります。

これを採用すると換金率はおよそ90%となるというカラクリです。

クレジットカード現金化の年利66%という数値はどのように出したか

クレジットカード現金化の年利66%という数値は、次の計算式で算出されます。

年利 = 手数料率 / (1 - 手数料率) * 100%

例えば、手数料率が10%の場合、年利は66.67%です。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスです。

クレジットカードのショッピング枠は、通常、商品の購入にのみ使用できますが、現金化業者を利用することで、ショッピング枠を現金化することができます。

クレジットカード現金化には、手数料がかかります。

手数料率は業者によって異なりますが、一般的に10~20%程度です。例えば、10万円を現金化する場合、手数料は1万円~2万円です。

クレジットカード現金化は、年利が非常に高いため、注意が必要です。

クレジットカード現金化をすると、利息が膨らんでしまい、借金が返済できなくなる可能性があります。

クレジットカード現金化を検討している場合は、利息やリスクをよく理解した上で、慎重に判断してください。

実際のクレジットカード現金化業者の換金率を参考に年利を出すといくらになるか?

実際のクレジットカード現金化業者の換金率を参考に年利を出すと、約60~70%になります。

例えば、換金率が80%の場合、年利は約66.67%です。換金率が90%の場合、年利は約72.73%です。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスです。

クレジットカードのショッピング枠は、通常、商品の購入にのみ使用できますが、現金化業者を利用することで、ショッピング枠を現金化することができます。

クレジットカード現金化には、手数料がかかります。手数料率は業者によって異なりますが、一般的に10~20%程度です。例えば、10万円を現金化する場合、手数料は1万円~2万円です。

クレジットカード現金化は、年利が非常に高いため、注意が必要です。

クレジットカード現金化をすると、利息が膨らんでしまい、借金が返済できなくなる可能性があります。

クレジットカード現金化を検討している場合は、利息やリスクをよく理解した上で、慎重に判断してください。

クレジットカード現金化をするなら「利用は1度だけ」が良い理由

クレジットカード現金化をする場合、「1度きり」で行うことが良い理由はいくつか考えられます。

  1. 借金の膨らみを防ぐ: クレジットカード現金化は高金利の手数料がかかるため、繰り返し行うと借金が膨らんでしまう可能性があります。1度きりで済ませることで、返済の負担を軽減し、借金を抱え込むリスクを抑えることができます。
  2. 経済的な負担を減らす: クレジットカード現金化は金利が高く、返済額が元の借入額よりも大きくなる場合があります。1度きりで利用することで、返済の経済的な負担を減らすことができます。
  3. 長期的な影響を避ける: クレジットカード現金化は短期的に現金を手に入れることができますが、長期的な影響を考えるとリスクが高まります。1度きりで済ませることで、後々の返済や経済的な問題を避けることができます。
  4. 個人情報の安全性を確保する: クレジットカード現金化は個人情報を提供する必要があります。1度きりで行うことで、個人情報の漏洩リスクを減らすことができます。
  5. 違法行為を回避する: 1度きりでクレジットカード現金化を行うことで、違法行為や詐欺に巻き込まれるリスクを回避することができます。違法な手段で現金を得ることは法律に違反する行為であり、後々に深刻な法的な問題を引き起こす可能性があります。

クレジットカード現金化は経済的なリスクが高く、後悔する可能性があることを理解した上で、慎重に判断することが重要です。できる限り避けることが賢明ですが、必要な場合には1度きりで利用し、適切な返済計画を立てることが大切です。

クレジットカード現金化の支払いは分割ではなく一括払いが良い

クレジットカード現金化を利用する際、一括払いが分割払いよりも良い選択肢とされる理由は以下のような点が挙げられます。

  1. 金利の負担が軽減される: 一括払いは借入額を一度に返済するため、分割払いよりも金利の負担が軽減されます。分割払いでは毎月の返済額に利息が含まれるため、合計の返済額が増える傾向があります。
  2. 返済期間が短くなる: 一括払いは一度に借金を完済するため、返済期間が短くなります。返済期間が短いほど、借金を早く返済できるため、長期的な負担を減らすことができます。
  3. 返済計画がシンプル: 一括払いは借金を一回で返済するため、返済計画がシンプルになります。分割払いでは毎月の返済額を把握する必要がありますが、一括払いでは一回の返済だけで済むため、返済の見通しが立ちやすくなります。

ただし、クレジットカード現金化においては、一括払いでも利子がかかることを忘れてはなりません。利用する業者や契約内容によって金利が異なりますので、事前によく確認しましょう。また、借金を一括で返済する際には自分の経済状況をよく考慮し、無理のない金額を計画することが重要です。

クレジットカード現金化の利用自体も1度きりにする

クレジットカード現金化は高い金利やリスクが伴うことから、できる限り利用自体を1度きりにすることが望ましいと言えます。

クレジットカード現金化は借金をする行為であり、その借金が後々の経済的な負担を増大させる可能性があります。以下の理由から、1度きりの利用が賢明です。

  1. 高金利と返済負担: クレジットカード現金化は高金利の手数料がかかります。1度きりの利用でも返済が難しい場合がありますが、繰り返し行うとその返済負担はさらに大きくなります。
  2. 経済的リスク: 現金化を繰り返すことで、経済的なリスクが増大します。返済が滞ることで借金が膨らみ、経済的な困難に直面する可能性が高まります。
  3. 法的な問題: クレジットカード現金化は法律に抵触する可能性がある違法な行為に巻き込まれるリスクもあります。違法な手段で現金を得ることは、後々に深刻な法的な問題を引き起こす可能性があります。
  4. プライバシーのリスク: 現金化業者には個人情報を提供する必要があり、情報漏洩のリスクがあることも考慮すべきです。

クレジットカード現金化は経済的なリスクが高く、後悔する可能性があることを理解した上で、できる限り避けることが重要です。必要な場合でも1度きりの利用に留め、適切な返済計画を立てることが大切です。

1度きりで終わらせなかったために起こるクレジットカード現金化のリスクとは?

クレジットカード現金化を1度きりで終わらせなかった場合、以下のようなリスクが生じる可能性があります。

  1. 負債の膨張: 繰り返し現金化を行うと、借金が膨らんでいく可能性があります。高金利の手数料や金利がかかるため、返済額が元の借入額を大幅に上回ることが考えられます。
  2. 経済的な困難: 負債が膨らんだ結果、返済が困難になる可能性が高まります。経済的な負担が増大し、借金の返済に苦しむことになるかもしれません。
  3. 信用情報への影響: クレジットカード現金化を繰り返し行うと、信用情報に悪影響が及ぶ可能性があります。支払い遅延や借金の膨らみは信用スコアを低下させ、将来のローンやクレジットカードの取得に影響を与えるかもしれません。
  4. 法的な問題: 過度な現金化や法律に違反するような行為を繰り返すと、法的な問題が生じる可能性があります。違法な手段で現金を得ることは重大な法的な後果を招く可能性があるため、業者選びと利用には十分な注意が必要です。
  5. プライバシーの漏洩: 現金化業者には個人情報を提供する必要がありますが、繰り返し現金化を行うことで個人情報の漏洩リスクが増大します。

これらのリスクを避けるためには、クレジットカード現金化を1度きりで終わらせるか、あるいは利用を慎重に検討する必要があります。

 

 

 

※当サイト内ページのリンクには広告が含まれています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されることがあります。
※当サイト内ページではGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
※掲載価格に変動がある場合や、登録ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、各公式サイトよりご確認ください。
おすすめの記事