※本ページはプロモーションが含まれています。

このページでは、クレジットカード現金化の裏ワザを暴露!商品を高値買取実現の方法とカード会社にバレにくくする方法について解説します。

クレジットカード現金化をするときは、どうやって損をせずに安い費用で高い換金率の利用で現金を入金してもらうかが大事です。

手数料などを引いてあなたの手元にどの程度残るのか、換金率がいくらになるのかで振込金額は変わります。

業者選びは現金化のシステムをよく理解してから利用するようにしましょう。

さっそく、知っておいて損はないクレカ現金化の裏ワザを紹介していきます。

今すぐにクレカ現金化業者の優良店で現金化をして即日で現金を手に入れたい方の参考になれば幸いです。

目次

【PR】即日現金化できるおすすめ現金化業者3選

どんなときも。クレジット
和光クレジット
スピードペイ
スピードペイ

 

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードを利用して現金を手に入れる方法のことを指します。一般的には、クレジットカード現金化業者が提供するサービスを利用して現金を手に入れることができます。

具体的には、クレジットカードを現金化業者に売却することで、その売却額に応じた現金を受け取ることができます。現金化業者は、クレジットカードを利用して商品を購入し、その商品代金を現金で支払うことで利益を得ます。

クレジットカード現金化は、緊急の現金が必要な場合や、クレジットカードの利用限度額が上限に達した場合などに利用されます。ただし、クレジットカード現金化は利息が高く、違法な場合もあるため、適切に利用することが重要です。

クレジットカード現金化するときの注意点は?

以下がクレジットカード現金化するときの注意点です。

利息や手数料に注意する:

クレジットカード現金化には高い利息や手数料がかかる場合があります。利息や手数料の詳細をよく確認し、適切に比較検討してから利用するようにしましょう。

不審な業者には注意する:

クレジットカード現金化業者の中には、悪質な業者も存在します。事前に業者の評判や口コミを調べ、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

利用限度額に注意する:

クレジットカード現金化には、クレジットカードの利用限度額内でしか現金を受け取ることができません。利用限度額を事前に確認し、受け取り可能な現金の額を把握しておくようにしましょう。

適切な使途で利用する:

クレジットカード現金化で手に入れた現金は、適切な使途で利用するようにしましょう。例えば、急な出費や生活必需品の購入など、必要な支出に利用することが望ましいです。

以上のような注意点に加え、クレジットカード現金化を違法な目的で利用することは法律で禁止されています。違法な行為を行うことは絶対に避け、適切な利用方法を選択するようにしましょう。

クレジットカードを使って高換金率で現金を得る裏ワザ

以下にクレジットカードを使って高換金率で現金を得る裏ワザを解説します。

裏ワザその1:新幹線回数券

新幹線回数券をクレジットカード現金化する方法は、一般的なクレジットカード現金化とは異なりますが、以下のような方法があります。

回数券の買取業者に売却する方法

新幹線回数券の買取業者に売却することで、現金を手に入れることができます。買取業者によっては、クレジットカードを利用した買取にも対応している場合があります。ただし、換金率は一般的なクレジットカード現金化業者に比べて低くなる場合があるため、事前に比較検討しておくことが大切です。

旅行代理店に回数券を販売する方法

旅行代理店に回数券を販売することで、現金を手に入れることができます。ただし、回数券の販売価格は市場価格よりも高いため、事前に回数券の価格を調べておくことが大切です。また、回数券の販売には手数料がかかる場合があるため、事前に確認しておくことが望ましいです。

いずれの方法も、法律に違反しない範囲内での取引であることを確認し、業者選びや取引内容については慎重に行うことが大切です。

裏ワザその2:JCBなどの信託系ギフトカード

信託系ギフトカードは、一般的にクレジットカードと同様に利用できるため、クレジットカード現金化業者でも取り扱っている場合があります。ただし、現金化業者によっては利用できない場合があるため、事前に業者の利用規約や取り扱い商品を確認することが重要です。

また、信託系ギフトカードを現金化する場合は、以下のような方法があります。

オークションサイトで販売する:

信託系ギフトカードをオークションサイトで販売することで、現金化することができます。ただし、オークションサイトには手数料や出品費用がかかる場合があるため、注意が必要です。

金券ショップで換金する:

信託系ギフトカードを取り扱っている金券ショップで換金することで、現金化することができます。ただし、換金率は一般的なクレジットカード現金化業者よりも低い場合が多いため、事前に確認することが重要です。

ネット上の現金化業者で換金する:

信託系ギフトカードを取り扱っているネット上の現金化業者で換金することもできます。ただし、信頼できる業者を選ぶように注意が必要です。

いずれの方法を選択する場合でも、信託系ギフトカードの利用規約や有効期限などを事前に確認し、適切な方法で現金化するようにしましょう。

裏ワザその3:Amazonギフト券を専門買取サイトで現金化

Amazonギフト券を専門買取サイトで現金化する場合は、以下の手順を参考にしてください。

買取サイトを選ぶ:

Amazonギフト券を現金化するためには、専門の買取サイトを利用することが一般的です。口コミやランキングなどを参考に、信頼性の高い買取サイトを選びましょう。

買取価格を確認する:

買取サイトによって買取価格は異なりますので、複数の買取サイトを比較し、高い買取価格を提示しているサイトを選ぶようにしましょう。

必要事項を入力する:

買取サイトの指示に従って、Amazonギフト券の番号や金額、支払い方法などの必要事項を入力していきます。

ギフト券を送付する:

買取サイトの指示に従って、Amazonギフト券の画面をスクリーンショットなどで撮影し、送信することで、買取サイト側で確認を行います。

買取金額を受け取る:

買取サイトでの確認が終了した後、指定した支払い方法で買取金額が振り込まれます。振込手数料などは買取サイトによって異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

以上の手順に従って、Amazonギフト券を専門買取サイトで現金化することができます。ただし、買取サイトによっては手数料を取る場合があるため、事前に確認しておくことが大切です。

裏ワザその4:メルカリでクレカ現金化をする方法

クレジットカードを使って商品を購入し、その商品をメルカリで転売することで現金化する方法は、以下の手順を参考にしてください。

クレジットカードで商品を購入する:

まず、クレジットカードで高額の商品を購入します。この際、キャッシングやリボ払いを選ばないようにしましょう。

商品を受け取る:

商品が届いたら、自分で使用するのではなく、そのままメルカリで転売します。商品が新品である場合や未開封である場合は、転売しやすいため高く売れる可能性があります。

メルカリで出品する:

商品をメルカリに出品し、適正な価格で販売します。出品する際には、商品の状態や特徴を正確に記載し、写真を掲載することが重要です。

販売が成立したら発送する:

販売が成立したら、商品を発送します。迅速かつ丁寧に対応することが、評価や口コミにも繋がります。

販売代金を受け取る:

メルカリでの販売代金が入金されたら、手数料などを差し引いた残金を自分の口座に振り込んで現金化することができます。

以上の手順に従って、クレジットカードを使って商品を購入し、その商品をメルカリで転売することで現金化することができます。ただし、クレジットカード会社やメルカリによっては、不正利用とみなされる場合があるため、注意が必要です。また、商品の転売には販売手数料がかかるため、利益を出すためには、適正な価格設定が重要です。

裏ワザその5:ヤフオクなどのネットオークションで現金化する

クレジットカードを利用して商品を購入し、その商品をネットオークションなどで転売することで現金化する方法があります。以下はその方法の一例です。

  1. ネットオークションで販売価格の高い商品を選び、クレジットカードで購入します。
  2. 商品が届いたら、すぐに再出品し、できるだけ早く売り切るようにします。
  3. 商品が売れたら、売上金からクレジットカードの支払い額を引いた残りを自分の口座に振り込まれます。

この方法は、クレジットカード会社から疑われることもなく、安全に現金化できる可能性があります。ただし、商品を売り切るまでの期間によっては、利益が出なかったり損失を被ったりする可能性があるので注意が必要です。また、転売には注意が必要で、販売する商品が法律に違反していないか確認することも重要です。

裏ワザその6:クレジットカードで仮想通貨を購入して現金化

クレジットカードで仮想通貨を購入して現金化する方法は、以下の手順になります。

  1. 仮想通貨取引所に登録します。
  2. クレジットカードで仮想通貨を購入します。このとき、高い換金率の仮想通貨を選ぶと現金化の利益が大きくなります。
  3. 仮想通貨を現金化する方法としては、仮想通貨を他の人に売却するか、仮想通貨のATMで現金化する方法があります。仮想通貨を売却する場合は、取引所の手数料などを考慮して利益が出るように価格を設定する必要があります。
  4. 現金化が完了したら、クレジットカードの支払いを行います。

この方法は、クレジットカード会社から疑われることもなく、比較的安全に現金化ができる可能性があります。ただし、仮想通貨は価格変動が激しいため、売却するタイミングや価格設定には注意が必要です。また、仮想通貨取引所や仮想通貨ATMの手数料も考慮する必要があります。

クレジットカード現金化の裏ワザのデメリット・注意点は?

クレジットカード現金化の裏ワザには、以下のようなデメリットや注意点があります。

  1. 高い手数料:クレジットカード現金化の業者には、高い手数料がかかる場合があります。これは、クレジットカード会社からの手数料やリスク管理費用、現金化業者自身の利益を考慮した結果です。手数料が高いため、現金化後に利益が出るかどうかを慎重に計算する必要があります。
  2. クレジットカード会社からの疑い:クレジットカード現金化は、クレジットカード会社からの不正利用として疑われることがあります。このような場合、クレジットカードが停止される可能性があります。また、クレジットカード会社からの返済要求や訴訟など、法的な問題も発生する可能性があります。
  3. 信用の失墜:クレジットカード現金化は、信用を失う可能性があります。このような行為がクレジットカード会社や金融機関に知られると、今後のクレジットカードの利用や、住宅ローンや車のローンの取得などの金融取引に支障が生じる可能性があります。
  4. 法的な問題:クレジットカード現金化は、法律に抵触する場合があります。例えば、金融庁によって違法な行為とされる「貸金業務に該当する現金化業者」が存在します。こうした業者を利用すると、法的な問題が発生する可能性があります。

 

他には以下のような注意点があります。

換金性の高い商品はクレジットカードで購入できないこともある

クレジットカードで購入できる商品には制限があります。一部の商品やサービスは、クレジットカードを使用できない場合があります。

例えば、高額な商品や現金等に直接変えられる商品、または法律で禁止されている商品などが挙げられます。

これらの商品を購入するために、クレジットカード現金化業者が使用する代替手段によっては、手数料が高くなる可能性があるため、注意が必要です。

また、クレジットカード現金化は、短期的な急な現金需要に対応する場合には便利ですが、長期的な債務の増加や、法律に違反することになる可能性があるため、慎重に利用する必要があります。

新幹線の回数券はクレカ現金化は難しい

新幹線の回数券はクレジットカード現金化業者によっては取り扱っていない場合があります。

一般的に、回数券は、一度に大量の現金を手に入れることができるため、クレジットカード会社にとってはリスクが高いと見なされるため、クレジットカード現金化業者からは敬遠される傾向にあります。

ただし、業者によっては、回数券の取り扱いをしている場合もありますので、事前に調べてみることが大切です。

また、回数券の取り扱いがあっても、換金率が低い場合があるため、利用する際には注意が必要です。

クレカ現金化の裏ワザの中には現金化に時間がかかるものもある

クレジットカード現金化の裏ワザには、現金化に時間がかかるものもあります。たとえば、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用して商品を購入し、その商品を転売する方法や、オークションサイトで商品を販売する方法などは、商品の売却までに時間がかかるため、現金化までに一定の時間を要する場合があります。また、裏ワザとされる方法は、クレジットカード会社から見て不審な取引と判断される場合があるため、クレジットカード会社から問い合わせや調査の連絡が来る可能性があります。現金化の際には、利用する業者や方法について注意深く選択する必要があります。

仮想通貨の現金化は価値が変動するため損をする可能性もある

仮想通貨の現金化には、大きく分けて以下の方法があります。

  1. 仮想通貨取引所での売却 仮想通貨を取引所に送金し、現金に換えることができます。ただし、仮想通貨の価格変動によって、換金時の価格が期待したものと大きく異なる場合があります。
  2. 仮想通貨ATMでの換金 一部の地域では、仮想通貨を現金に換えることができるATMが設置されています。しかし、手数料が高い場合があるため、事前に確認することが重要です。
  3. 仮想通貨キャッシュバックサービスの利用 クレジットカードなどで仮想通貨を購入し、それを指定のサービスに送信することで、現金を受け取ることができます。ただし、手数料が高い場合があるため、事前に確認することが重要です。
  4. 仮想通貨のプリペイドカードの利用 仮想通貨をプリペイドカードに変換し、それを現金化する方法があります。ただし、手数料が高い場合があるため、事前に確認することが重要です。

仮想通貨の価格変動は非常に大きく、現金化時の価格は購入時と大きく異なることがあります。また、仮想通貨をクレジットカードで購入する場合には、手数料がかかることがあります。

仮想通貨の価値は急激に変動するため、現金化時に損をする可能性があります。

また、仮想通貨を購入するにはクレジットカードによる手数料がかかることがあるため、その分も考慮する必要があります。

さらに、仮想通貨の現金化には一定の手数料がかかることが多いため、事前に確認することが大切です。現金化する際には、リスクや手数料を考慮し、慎重に判断することが重要です。

以上の点を踏まえ、クレジットカード現金化を行う際には、リスクをよく理解した上で慎重に行うことが必要です。

クレカ現金化は国内の法律ではグレーゾーン!でもカード会社の利用規定違反!ではバレないための裏ワザは?

クレジットカード現金化は現在日本国内の法律で違法ではないので罰せられることはありません。

しかしクレジットカード会社の利用規定には現金化の利用を認めていません。カード会社にバレないための裏技をここでは紹介します。

バレない裏技その1:現金化の回数を少なくする

クレジットカード現金化を行う際、カード会社にバレないようにするためには、現金化の回数を少なくする方法があります。

具体的には、同じクレジットカードで何度も現金化を行うことを避けることが重要です。また、現金化業者を複数利用することも避けるべきで、できるだけ1つの業者に絞って現金化を行うようにしましょう。複数の業者を利用すると、現金化の回数が多くなり、カード会社から疑われる可能性が高まるからです。

また、現金化額を一度に大きくしすぎることも避けるべきです。一度に大きな現金化を行うと、カード会社から疑われる可能性が高まるため、少額で分散して現金化を行うことが重要です。

さらに、クレジットカードの利用履歴をしっかりと管理し、現金化に関する記録を残さないようにすることも大切です。現金化に関する明細書や領収書を廃棄する際には、個人情報が含まれているために注意が必要です。

これらの方法を守ることで、カード会社にバレずにクレジットカード現金化を行うことができます。ただし、法律で禁止されている場合もあるため、注意が必要です。また、現金化業者によっては、高い手数料を取られることもあるため、利用前にしっかりと確認することも重要です。

バレない裏技その2:多額の現金化は怪しまれる

クレジットカード現金化がカード会社にバレないようにするためには、一度に多額の現金化を行わないことが重要です。クレジットカード現金化業者は、一度に多額の現金化を行うことで、カード会社に怪しまれる可能性が高くなります。そのため、一度に数万円程度の現金化に留めることが望ましいでしょう。

また、定期的に現金化を行うことも避けるべきです。定期的に現金化を行うことで、カード会社が怪しむ可能性が高くなります。クレジットカード現金化を行う場合は、必要な時だけ、適度な金額で現金化を行うことが大切です。

バレない裏技その2:同じ商品ばかりの現金化は怪しまれる

クレジットカード現金化がカード会社にバレないためには、同じ商品ばかりの現金化をしないことが重要です。

クレジットカード会社は、同じ商品を複数回購入する行為を怪しむことがあります。

例えば、同じ量のギフト券を複数回購入したり、同じ金額の商品を複数回購入すると、クレジットカード会社から問い合わせが来る可能性があります。

そのため、異なる商品や異なる金額で現金化することで、カード会社に怪しまれることを避けることができます。

ただし、適切な方法で利用する場合でも、クレジットカード現金化にはリスクがあるため、注意が必要です。

バレない裏技その2:現金化が疑われた時カード会社に正しく対処

クレジットカード現金化が疑われた場合、カード会社からの連絡や調査が始まる可能性があります。この場合、正しい対処方法を取ることが大切です。

現金化が疑われた時カード会社には現金化目的でカード使ったことは認めない

クレカ現金化がカード会社にバレないための方法として、現金化が疑われた場合にはカード会社に正確な情報を提供することが大切です。ただし、現金化目的でカードを使ったことは認めないことがポイントです。

また、カード会社が問い合わせをした場合には、迅速に対応することも大切です。

あなたが今すぐ安全にクレカ現金化したいなら買取店舗やネット運営サイトのクレカ現金化サイトを有効利用しましょう

クレジットカード現金化をする場合、買取店舗やネット運営サイトのクレジットカード現金化サイトを利用することが一般的に安全だとされています。ただし、業者によっては違法な手段を用いている場合もあるため、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

店舗型(チケット買取店)のメリットとデメリットは?

店舗型のクレジットカード現金化サービスのメリットとデメリットを以下に示します。

【メリット】

1.即日現金化が可能:店舗型の現金化サービスでは、クレジットカードを持って店舗に行くことで即日現金化が可能です。

2.手数料が安い:店舗型の現金化サービスの中には、手数料が比較的安いところがあります。また、手数料が事前に明確に提示されるため、利用者はその手数料を承知の上で利用することができます。

3.買取業者と直接話せる:店舗型の現金化サービスでは、買取業者と直接話をすることができます。そのため、現金化についての疑問や質問を直接聞くことができるため、安心して利用することができます。

【デメリット】

1.店舗まで行かなければならない:店舗型の現金化サービスでは、店舗に行かなければなりません。そのため、遠方に住んでいる人や、時間が取れない人は利用することができません。

2.時間がかかる:店舗型の現金化サービスでは、店舗に行くための時間や、現金化が完了するまでの時間がかかります。そのため、急いで現金が必要な場合は利用しづらいです。

3.利用制限がある:店舗型の現金化サービスでは、利用制限がある場合があります。例えば、クレジットカードの利用履歴が少ない人や、収入が低い人は利用できない場合があります。

全国どこでも利用可能なWEBの現金化サイトのメリットとデメリットは?

全国どこでも利用可能なWEBの現金化サイトのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 全国どこでも利用可能なため、地方在住の方でも利用しやすい。
  • オンラインで手続きができるため、店舗型の現金化業者に比べて手軽で簡単。
  • 多数の業者が存在するため、競争が激しく、高い換金率での現金化が期待できる。
  • 業者によっては24時間対応している場合があるため、急な現金需要にも対応可能。

さらに以下のようなメリットがあります。

現金化サイトならカード会社にバレるリスクを下げられる

クレジットカード現金化サイトを利用することで、カード会社にバレるリスクを下げることができます。これは、クレジットカード現金化サイトが匿名性が高く、個人情報を守っていることが多いためです。

しかし、全ての現金化サイトが安全とは限りません。悪質な現金化サイトも存在するため、信頼できるサイトを選ぶことが重要です。また、現金化サイトの手数料や換金率などを比較し、自分にとって最も有利なサイトを選ぶことも大切です。

現金化サイトの換金率は安定している

現金化サイトのメリットの一つに、換金率が比較的安定していることがあります。一般的に、現金化サイトは大量に商品を取り扱っており、需要と供給に基づいて市場価格が形成されます。そのため、特定の商品に関しては、買取店やオークションサイトなどよりも換金率が高くなることもありますが、逆に低くなることもあります。

しかし、現金化サイトは大量に商品を取り扱っているため、一定の換金率を保証できることがあります。また、複数の商品を取り扱っているため、他の商品の換金率が下がっても、別の商品の換金率が上がることもあります。これにより、換金率の安定性が高くなります。ただし、商品によっては換金率が低い場合もあるため、注意が必要です。

【デメリット】

  • 詐欺業者が存在するため、信頼できる業者を選ぶ必要がある。
  • オンラインでのやりとりになるため、トラブルが発生した場合の対応が難しい。
  • 審査に時間がかかる場合があるため、急いで現金が必要な場合には不向き。
  • 運営している業者によっては、高額な手数料を取る場合があるため、注意が必要。

以上が、全国どこでも利用可能なWEBの現金化サイトのメリットとデメリットになります。利用する際には、信頼できる業者を選ぶことや、手数料についてもよく確認することが重要です。

裏ワザを使えば安全にクレジットカードの現金化できるのまとめと総評

まとめ:

  1. クレジットカード現金化は、カード会社の許可なしに現金を手に入れる方法の一つです。
  2. クレジットカード現金化の方法には、店舗型の買取店や、全国どこでも利用可能なWEBの現金化サイトがあります。
  3. クレジットカード現金化にはデメリットやリスクもあり、高額な現金化や同じ商品の連続現金化はカード会社から疑われることがあるため、注意が必要です。
  4. 安全にクレジットカード現金化を行うためには、信頼できる現金化サイトを選ぶことが重要です。
  5. クレジットカード現金化は、カード会社の規定に違反する行為であり、リスクがあることを理解した上で、自己責任で行う必要があります。

総評:

クレジットカード現金化は、カード会社の許可を得ずに現金を手に入れることができる方法ですが、その手法にはデメリットやリスクも存在します。安全に行うためには、信頼できる現金化サイトを選ぶことや、規定違反をしないように注意することが必要です。また、クレジットカード現金化は、カード会社にとって規定違反となる行為であるため、自己責任で行うことが重要です。

チェック自宅から申し込みできる実績確認済のネット完結型のクレジットカード現金化の優良業者一覧

どんなときも。クレジットの評判

20歳以上の方ならだれでも利用可能な弁護士監修の安心サイト
営業日年中無休
最大換金率98%
現金化時間最短10分
現金化方法クレジットカード決済
どんなときも。クレジットは最大換金率98%の換金率、平日土日祝日を限定することなく最短10分での振込み可能な現金化業者です。担当弁護士が監修のもと違法性のない現金化サービスを利用者に提供しています。20歳以上の方であれば派遣・バイトなどの方でも利用可能。これまでカード事故0件の実績で安心して利用できるクレジットカード現金化の業者です。

和光クレジットの評判

入金スピード業界最短5分。現金化業者乗り換え満足度No.1
営業日年中無休
最大換金率94%
現金化時間最短5分
現金化方法クレジットカード決済
和光クレジットの一番の特徴は業界最速の入金スピードにあります。サイト表記の最短5分だけでなく現金化の料率も高く優良店にふさわしい内容です。オペレーターの対応も親切でチャットで気になることを気軽に聞くことができます。現在、現金化の利用を考えている方や、今の現金化業者を乗り換えようとしている人は和光クレジットの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ユーウォレット

ユーウォレットの評判

メルペイやペイディ、PayPayなどの後払いアプリの現金化もOK
営業日年中無休
最大換金率98%
現金化時間最短10分
現金化方法クレジットカード決済
ユーウォレットは最高限度98.3%の換金率、平日土日祝日を限定することなく最短5分での振込みが可能な現金化業者です。最低換金率90%が保証されること、他社では扱っていないメルペイやペイディ、PayPayなどの後払いアプリの現金化もできることです。またセキュリティが厳しいといわれるアメックスやダイナースクラブの現金化も対応。創業以来10年以上営業でカード事故0件の実績で安心できる現金化の業者ということがわかります。。

スピードペイ

スピードペイの評判

初回限定換金率100%。弁護士監修の現金化サイト
営業日年中無休
最大換金率100%
現金化時間最短10分
現金化方法クレジットカード決済
スピードペイは初回限定換金率100%。平日土日祝日を限定することなく最短10分での振込みが魅力的な現金化業者です。LINEから気軽に問い合わせ、申し込みも可能です。顧問弁護士監修の現金化を扱っている安心して利用できるクレジットカード現金化のサイトです。スタッフさんのフォローも迅速でカード事故0件などの安全性もフォローされているため、安心更に良い条件で現金化をすることができる業者です。

プライムウォレット

プライムウォレットの評判

昼得キャンペーン実施で還元率5%アップ、分割・リボ払い対応。
営業日年中無休
最大換金率98%
現金化時間最短10分
現金化方法クレジットカード決済
プライムウォレットは最高限度98%の換金率、昼得キャンペーン実施中で還元率5%アップしています。受付申し込みから現金振込まで業界トップクラスでスピーディです。最大3分で申し込みが完了します。平日土日祝日を限定することなく最短10分での振込みが魅力的な現金化業者です。分割・リボ払いにも対応。土日祝日も振り込み対応でWEBからの申し込みなら24時間365日いつでも対応可能。

あんしんクレジット

あんしんクレジットの評判

専属女性スタッフの神対応は業界トップクラスの口コミで評判
営業日年中無休
最大換金率99%
現金化時間最短10分
現金化方法クレジットカード決済
あんしんクレジットは最高限度99%の換金率、平日土日祝日を限定することなく初めての方でも最短15分での振込可能な現金化業者です。あんしんクレジットの専属スタッフは女性が多く口コミでも気配りがとてもできて初めての利用で不安の利用者も安心できたと大変評判です。換金率や見積もりの金額もスタッフさんとの相談で納得できる信頼性の高いクレジットカード現金化の業者です。
※当サイト内ページのリンクには広告が含まれています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されることがあります。
※当サイト内ページではGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
※掲載価格に変動がある場合や、登録ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、各公式サイトよりご確認ください。
おすすめの記事