楽屋のれんはやっぱり良いもの

個人的な考え方なので気分を害されたごめんなさい。

 のれんだけにとどまらず、高価なものというのはそれなりに意味があります。

例えば3万円程度するのれんとたたき売りしている2千円ののれん。

物に違いはありますが、実際は使う人次第ということです。

 いい物を買って長年使う方と安物を買う方でそれを使い捨てする方。

どちらがどうこうとはおもいませんが、ひとつ言えることは他人を非難だけは

してはいけないと思います。

 逆に私の家には合わないとか言って断れる方もただ単に必要ないだけなんでしょう?

そんな事を考えると色々おもうところがありますが、

まぁそれもこんな時代なので仕方ないでしょう。

 

ものの価値って本当にひとぞれぞれ。

でも自分にとっての素敵なものが、他の人から見たらいいものとは限りません。

たとえそれが高価なものだとしても。

でも大切なものを大切に使う。

これってとても大事だと思います。

 

とても安いアクセサリーでも、キレイな箱に入れて
キレイにラッピングしてあげると驚くほどにいいものに感じます。
演出力っていうそうです、意外とだまされます。