楽屋のれんはやっぱり良いもの

切手の買取を考える

 

切手は通常、額面どおりの金額で郵便サービスを受ける価値があるのはいうまでもありませんが、それ以上の価値を持つ場合もあります。

たとえば、記念切手や年賀切手などある一定の期間にしか販売されないような切手などがあります。これらの切手は、その期間にしか購入することができませんので、コレクターなどの間では額面以上の価値をもつこともあります。
ですから、これらの切手は切手買取りを利用する方が賢明です。

切手買取りは、切手専門店や金券ショップなどで行われています。

その相場は店ごとにより異なりますので一概には言えませんが、通常の切手であればシート(ミシン目がすべてつながっている状態)になっている方が、高い値段がつきます。たとえば、お年玉付き年賀はがきの末等の商品である「お年玉シート」も切り離さない状態である方がよいことになります。

あなたの机の奥にも意外とお宝が眠っているかもしれません。
もし懐かしい切手が出てきたなら、切手買取りでおこづかいをゲットしましょう。

昔母の時代に切手収集が流行ったようです。
今でいうゲームのカードやコイン収集と同じでしょうか?
聞くところによると、1冊のノートにきれいに貼って
皆で見せ合いっこしていたそうですよ。

何だかほほえましいですね。
でも確かに切手って楽しい。
絵柄も沢山あるので、並べたり、記念品で分けてみたり。