楽屋のれんはやっぱり良いもの

現代の暖簾好きな人

 良く聞く話では暖簾好きな人は立派な家に住んでいるという迷信

実はけっこうマンションに住まわれているケースが多いです。

でどこに使うの?って聞くと多いのは部屋と部屋の間のしきりとして、

つまり簡易の扉として使われるかた多いみたいです。

たしかに店の前でのれんの奥でうっすら動いている人って

粋って感じますよね?

さらにのれんはすけすけなので、圧迫感がない割に

冷房などの効果は保つという事です。

こう考えると結構いいですよね(笑)。

意外と知らない暖簾の機能。

もっと普及したらもっと身近な存在になる気がします。

お店の顔として堂々とつけられた暖簾はとても存在感があります。

また落ち着いた印象を与えたり、華やかな印象を与えたり

色んな表情を見せることが出来るのも暖簾のいいところですね。

のれん表情は、技法によっても大きく変わります。
シルクスクリーンであれば、かちっとした固い印象になります。
反対に手描きであれば、 筆の流れがありますので柔らかな印象です。